まずは、おまる  -TOKYO育児パッケージについて-

赤ちゃんが生まれたらすぐに役立つ、KYOTO育児パッケージに次いで、TOKYO育児パッケージを東京サロンからご提案します。

TOKYO育児パッケージは5点の赤ちゃんを迎えるものを江戸は竺仙の蒲公英の風呂敷で包みます。

まずは、おまる。
・琺瑯おまる(株式会社オオモリ
016-06

その姿は、18世紀ヨーロッパから伝わる美しいデザイン。
ヨーロッパのおまるのお話しはこちらから。(TOTOきっずの「まるで美術品。昔のヨーロッパのおまる」のページ)

昨年の夏に爆発的なヒットをした企画展 日本科学未来館のトイレ展のエリア5でも赤ちゃんと一緒に展示された、オオモリ製の琺瑯おまるをTOKYO育児パッケージにも迎えます。

P2014_0701_171232

日本科学未来館で展示された琺瑯おまると赤ちゃん

おまるは2歳3歳になっておむつがはずれても、例えば旅先やキャンプ場で。また、車で移動中にもとても便利で長く使えます。
琺瑯で、蓋付きですから、将来的には骨壺という使い方も視野に入れつつ。まさに、ゆりかごから墓場まで。

日本列島のたくさんの土地で特色豊かな地域の特産品をいかした「ご当地」育児パッケージが生まれることを願って。

TOKYO育児パッケージ

TOKYO育児パッケージ

お問合せはおむつなし育児研究所 東京サロンまで。 omutsunashisalon@gmail.com

私たちはおむつなし育児を通して日本に伝わる伝統的な育児の復興を目指しています。
その先には、人々の伝統的な生活文化を大切にする、未来のライフスタイルにつながることを期待して。

赤ちゃんのご機嫌向上を願って。
Fumikomiyama01

2015.6.2
Fumiko Miyama

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中