0

ご報告 フィンランドに学ぶ赤ちゃんにやさしい子育て  -世田谷美術館にて-

秋の恒例行事である講演会が、秋空のもとに世田谷美術館で行われました。

100名近い、うるわしいマタニティの方々、赤ちゃんやお母さんたち、フィンランドにご縁のある方々と、多くの方々にお集りくださりそれはそれは、豊かで穏やかで優しく、しあわせなひと時でした。

東京サロン副代表の佐伯貴子さんのご挨拶ではなやかに始まりました。
IMG_3526

基調講演として、フィンランド大使館 広報官 堀内 都喜子さんから、フィンランドの政策についてのお話しも交えながら、お話し頂きました。

まずは、500万人の人口に対してサウナが200万個あるというお話しに驚きつつ、政治に女性が加わり社会が変わって行ったお話や、男女共同参画に向けての国の取組みなどとても興味深いお話しを頂きました。
IMG_3531

東京サロンとしても興味深かったのは、フィンランドの教育について。ゆっくり家族と過ごし、自然で遊ぶこども達の教育水準の高さ。たっぷり睡眠を取り質の高い暮らしの中で育まれるのでしょうか。

続いて今月号のAERA with Babyの育児界の5人の賢者としても紹介されている、おむつなし育児研究所 所長 和田 智代さんから講演いただき、
「乳幼児期は全ての要求を満たしてあげることが大切であり、それらが自分を愛せる子に育つ」「ただし、全ての要求は満たすことは難しいので60%くらい出来たら良いのでは」というあたたかいお言葉とともに。

写真は和田さんに抱っこしてもらう、東京サロンの新しいキャラクターうんちくん。
IMG_3564

おまるの抽選会も盛り上がりました!
IMG_3536

控えの席で少し、緊張気味のうんちくん。
IMG_3562

午後からの交流会にも、多くの素敵なお母さんと赤ちゃんたちが参加されとてもにぎやかに楽しいひと時でした。
IMG_3557

東京サロンが設立して3回目の講演会を無事に行うことが出来てとても嬉しく思います。最近は「おむつなし育児」がインテリ富裕層のお母さん達の間で一つのファッションのようになっている。という声も耳にしました。

少し前は、サブカルチャーのような扱いだった「おむつなし育児」が、どんどんと進化してゆき、美しく賢い次世代のお母さん達の中で豊かに成熟してゆくこと心から嬉しく思います。

最後に、講演会開催にあたり、事業助成いただいた、キリン福祉財団様、協賛いただいた、株式会社リッチェル様、講師の堀内都喜子様、和田智代様ならびに、養成講座修了アドバイザーの関夏子さん、橘綾野さん、楠本真由さんに心から御礼申し上げます。

みなさま、またお目にかかれます日まで美しくお過ごしくださいませ。

日本に古くから伝わる育児の復興と、
赤ちゃんのご機嫌向上を願って。

Fumikomiyama01

2015.10.30
Fumiko Miyama

0

フィンランドに学ぶ赤ちゃんにやさしい子育て  -世田谷美術館での講演会-

今年は、フィンランド大使館から麗しき広報官であられる、堀内 都喜子さんもお招きし、緑豊かな砧公園の中にある、世田谷美術館でイベントを開催します。

午後からは自由参加で交流会も開催します。奮ってご参加ください。

スライド1
参加希望の方は、タイトルを「講演会」として、氏名・赤ちゃんの月齢・住所・電話番号をomutsunashisalon@gmail.comまで。

2015年10月29日(木)
10:30-12:00(10:15受付)13:00-14:00交流会 *交流会は自由参加です
世田谷美術館講堂にて
基調講演:堀内 都喜子(フィンランド大使館) 
ナビゲーター:和田智代(おむつなし育児研究所)
対象:マタニティ、0.1歳親子、保育士、助産師、子育て支援従事など一般の方
参加費:1,500円(当日受付)

みなさまのご参加をお待ちしております。

日本に古くから伝わる育児の復興と、
赤ちゃんのご機嫌向上を願って。

Fumikomiyama01

2015.10.9
Fumiko Miyama

0

紙おむつ超依存国 アメリカのおはなし

鈴虫が鳴く初秋のころ、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
夏も過ぎましたが、紙おむつ超依存国の国のおはなしを。

私たちは0歳からの良い排泄習慣を提唱しています。
そんな中で「おむつが取れていない大人はいないから」という声をたまに聞きます。

もちろん、紙おむつはとっても便利で上手に活用することを私たちは提案しています。

その一方で、紙おむつ超依存国 アメリカでは・・・。
小学校中学年から高学年用の紙おむつがパンパースから販売されているようです。

スクリーンショット 2015-10-05 15.22.44
(おむつなし育児研究所 京都サロン 提供)

続きはこちらの、講演会でもお話しして頂きますのでお誘いの上ぜひ、ご参加ください。

日本に古くから伝わる育児の復興と、
赤ちゃんのご機嫌向上を願って。

Fumikomiyama01

2015.10.6
Fumiko Miyama