やさしい布おむつ

布おむつ。

「洗濯が大変」「めんどう」「とにかく、たいへんそう!」というネガティブなイメージが多いようですが、ひととき保育を担当する保育士さんのおはなしでは、最近、少しずつ布おむつの赤ちゃんが増えているそうです。
とってもうれしいこと。

私は津田塾大おむつなし研究メンバーの真摯な自然派お母さん達に比べるとダントツで紙おむつを使用していましたが、2人目を布おむつメインで育てながら、考えていることは…
.
ダントツ布おむつの方が楽ちん。

何が一番楽かというと、自分のペースで出来る「買いに行ったり」「ネットでオーダーしたり」「宅配を受け取ったり」(お昼寝に寝かしつけている時のインタフォンほど迷惑なものはない)「ストックを気にしたり」という超めんどうなことをしなくてよーい。

そして…
何より幸せなのはお天気が良い日に気持ちよく乾いた布おむつたち(日本の昔ながらの輪おむつを使っています)を取り入れるときの至福なひととき。ラブリー。
それに、可愛いし(スウェーデンやドイツのものが好き。日本のものでは、今をときめく、アズマカナコさんのお手製のものも持ってます!ちょっと自慢)

利点をあげるときりがないので、この辺で。以上はお母さん側の利点でしたが、赤ちゃん側の利点もいろいろあります。
とにかく、赤ちゃんがご機嫌になり、よく眠るようになる。(それは最近第2子のママ友達がお話されていました)

参考文献も1つ紹介。
「布おむつで育ててみよう」(文芸社)

そして、何より環境に本当に優しいです。
お母さん、赤ちゃん、地球にやさしい。布おむつ。

2013.11.3 文化の日に
Fumiko Miyama

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中