eco

地球憲章に「次の世代に、人間を含む地球上の、生きとし生けるものの長期にわたる繁栄を 支える価値、伝統、しきたりを伝えていこう」とあります。私たちは日本に古くから伝わる伝統やしきたりを継承し、環境に配慮したライフスタイルを提唱しています。

おむつなし育児研究所 東京サロンでは、環境にも配慮した取り組みを推奨しております。
生後間もない赤ちゃんの排泄の欲求にココロを寄せて、おむつなしや布おむつで育児をすることで、ごみの減量やごみ問題にも取り組んでおります。

環境省の+ESDプロジェクトに参加し、環境省ESD環境教育プログラムを開発しております。
こちらから。

生後3か月の赤ちゃん1人に対し、1日紙おむつ7枚を使用する場合では1か月あたり
紙おむつ210枚分のごみ(45リットルのごみ袋5袋程度)を減量。

せたがやエコチャレンジ」でもエコな取り組みが評価されております。

せたがやエコチャレンジの取り組み
(平成24年度世田谷区内の可燃ごみは約16万トン。可燃ごみの内訳その他(紙おむつ、割りばし、ガムテープ類)が17%とのことですから、区内の可燃ごみ約10%が紙おむつのようです)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中