ESD環境教育プログラム

環境省から2月に採択されました、ESD環境教育プログラムについて、関連資料等はCONTACTページより問い合わせください。本プログラムについての環境省のページはこちらから

地球憲章に「次の世代に、人間を含む地球上の、生きとし生けるものの長期にわたる繁栄を 支える価値、伝統、しきたりを伝えていこう」とあります。私たちは日本に古くから伝わる伝統やしきたりを継承し、環境に配慮したライフスタイルを提唱しています。

ESDロゴ

1 プログラム名
日本に古くから伝わる赤ちゃんのお世話で美しい地球を救おう
2 プログラムの概要
赤ちゃんが生まれて初めて包まれるものである「おむつ」について考えながら、当たり前に使われている、大量消費の紙おむつのゴミ問題やエネルギー問題について考え、身の回りの消費行動を見直す。実験や体験を通して生きる力を育み、未来を予測しながら相手を思いやり、古くから伝わる知恵や伝統文化を現代に生かしながら生命を尊重する心を育てることをねらいとする。
3 プログラムの目標
① 紙おむつの素材や大量生産・大量消費されている紙おむつにかかわる自治体のごみ 問題や工場や流通で生じるエネルギー問題を調べ未来を予測する。
② 赤ちゃんや育てる親の立場になり、おむつを多面的に捉える。また、古いゆかたやさらしから輪おむつをつくってみる。
③ 美しい地球のために未来の自分たちが赤ちゃんをどう育てたいかを考える。

今後、日本全国で実証・検証する際の先生方への関連資料はCONTACTページよりお取り寄せください。
よろしくお願いいたします。

2014.5.25.
おむつなし育児研究所 東京サロン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中